記事一覧

パテック フィリップが最近発表したモデルたちを例に挙げよう。

時計の世界では「サーモン」と呼ばれる暖色系のピンクゴールドに、時計メーカーは長いあいだ傾倒してきた。サーモンダイヤルは、ハイエンドのコレクターにとって大きな撒き餌(失礼!)であり、ブランドの最も優れたヴィンテージ(およびヴィンテージにインスパイアされた)モデルを飾ることが多いからだ。パテック・フィリップが最近発表したモデルたちを例に挙げよう。パーペチュアルカレンダー Ref.5320とクロノグラフ Ref.5172は、パテックのなかでも特に魅力的な色合いのサーモンカラーで提供されている。この2モデルは、それぞれ1195万7000円、1016万4000円である(いずれも2022年6月1日の価格改定を反映した日本国内税込価格)。また、A.ランゲ&ゾーネのクラシックなダトグラフ・パーペチュアル・トゥールビヨンやオリスのビッグクラウン プロパイロットX キャリバー400 サーモンダイヤルなど、アーカイブをざっと見ただけでも大作が目白押しである。

パテックフィリップ ノーチラス スーパーコピーノーチラス 5712GR-001

詳しい説明 カテゴリー パテックフィリップ コピー ノーチラス(新品)
型番 5712GR-001
機械 自動巻き
材質名 ピンクゴールド・ホワイトゴールド
タイプ メンズ
文字盤色 グレー
外装特徴 シースルーバック
ケースサイズ 43.0mm
機能 デイト表示
パワーインジケーター
ムーンフェイズ
付属品 内・外箱
ギャランティー
付属品 ブランド専用内・外箱
商品番号 pp320

パテックはサーモンダイヤルのハイエンドな時計を積極的に発表しているブランドのひとつだが、ほぼすべてのビッグブランドが長年にわたってこのカラーを採用してきた。ロレックスは1940年代製のバブルバックを皮切りに、この色彩を文字盤に採用してきた長い歴史がある。最近では、エアキングにピンクの色合いと焼けたようなコッパーの2種類のサーモンカラーが採用された。そしてもちろん、サーモンカラーを好む消費者の声に応えるべく、あらゆるファッションウォッチがサーモンカラーの流行に便乗している。

私はデザインという観点から時計の動向を追っているが、サーモンが支持される理由がわかるような気がする。サーモンは、どちらとも言えない中間的な存在で、あらゆる愛好家の好みを映し出す鏡となっているからだ。主張しすぎることなく、「ほどよく」主張する色なのだ。歴史的な意義があり(コレクターにとってはこれ以上の喜びはないだろう)、かつ最近のトレンドでもある。男性的でありながら女性的でもある。高価でなくても高価に見える。時計界隈は細かいこだわりを持つ人が多く、定説に異を唱えたがる人が常にいるものだが、サーモンはほぼ全員が納得するダイヤルカラーのひとつだ。

サーモンの色調は、(きらめくローズゴールドのような)メタリック、(セピア調の紙のような)ニュートラル、親しみやすさ(多くの肌色を引き立てる色でもある)など、さまざまな表情を見せてくれる。特にジュエリーの場合、このような感覚的な特徴が、サーモンの魅力を際立たせている。「サーモンの色調は、瞬時に心地よく、人間らしい魅力を表現します」と、パントンカラー研究所副所長のローリー・プレスマンは言う。「快適さを求める私たちは、親しみやすさと安心を感じさせるこの温かみのある色合いに注目しているのです」。

【関連記事】:ankopiスーパーコピー 鶴橋 場所