記事一覧

ブライトリングのクロノマットには、過去に複雑な思いを抱いたことがある。

このブランドのヒット商品であることは間違いないのだが、私にはクロノグラフはいつも大きすぎるように感じられる。カルト的人気を誇るヴィンテージ クロノマットは、ブレスレットからベゼルまで、言葉は悪いが、ちょっと「変わった」な感じがした。そのため、私はこの時計のヴィンテージでとても時代錯誤な雰囲気と、ブライトリングがこのコレクションで目指す近代化された方向性とを切り離すことができなかったのだ(特にルーローブレスレットとリューズが気になっていた)。エレガンス、快適さ、スポーティさ、そしてブライトリングの真髄ともいえるデザイン言語による高い品質。その上、競争力のある価格帯によって、今後もっと目にする機会が増えるとだろうと思う。

しかし、私が最初に感じたのは、快適なブレスレットからスリムで装着しやすいケースまで、このスーパーコピー 時計がいかにつけ心地がよいかということ。ロレックス GMTマスター IIのオーナーの多くが、“クラシック”なオイスターブレスレットではなく、ジュビリーブレスレットを愛用しているのには理由がある。

自分はブレスレットオタクだと思っているが、ほとんどの潜在的な顧客にとって、サンレイダイヤルが主役になるのではないかと想像する。特にブルーとグリーンの虹色の光沢は、魅惑的だった(そして、もしあなたが時計を買って写真を撮りたいと思っているなら、悔しいことに反射してしまうだろう)。ブルーダイヤルは、暗いところでは黒に近い深いブルーになり、光が当たると生き生きとした表情を見せる。どんな場所でも、グリーンはドラマチックで人目を引く。アンスラサイトグレーのダイヤルは、ケースによく馴染み、周囲の光から温かみとブラウンの色調をほんの少し拾う。

ホワイトとブラックのダイヤルは、あまり言及されなかった(すまないが、写真撮影する時間も少なかったのだ)。というのも、ソリッドな選択肢でありながら、比較的マットな仕上がりのダイヤルは、短いハンズオンの時間では、それほど注目を集めなかったからだ。

見返しの24時間マーカーがシンプルに配置されているのもいい感じだ。GMTのよさは、ひと目で時間がわかること、5秒かけて第2時間帯をじっくり探すことに、日常生活で大きな違和感を感じないことだ。スポーツウォッチをフォーマルなシチュエーションで着用しても問題ないと多くの人が思っているのは知っているが、色や数字のないベゼルが、ある種のエレガントさを与えている。

関税・送料込ブライトリング クロノマットB01 42 ベントレー AB01343A1L1A1

こちらの【クロノマットB01 42 ベントレー】は、初代クロノマットにあったオニオン型リューズ、回転ベゼル上に設けた4つのライダータブ、ルーローブレスを現代的にアップデートさせたデザインで体現し、ベントレーとの長いパートナーシップを祝してグリーンダイアルを採用したモデル。

ムーブメントは、業界標準のETA2893-2ベースで、特に語るべきことはない。ただ、GMTを積極的にレビューし、スペックに注意を払えば払うほど、市場にFlyer GMTのムーブメントがあまり存在しないことに驚かされるのである。ETA Cal.C07.661やMiyota 9075の登場により、今後2893-2からの乗り換えを行うブランドが増えることを期待している。とはいえ、42時間のパワーリザーブは一部のバイヤーにとって争点になるかもしれないが、これはかなりスタンダードで信頼性が高いはずである。

この機会に、ブライトリングは自身のDNAを最も純粋に受け継ぐコレクションに、人目を引き、以前にも増して装着性と汎用性に優れた新たな選択肢を加えたわけで、新作GMTのすべてが、同社の非常に思慮深い、慎重な決断のように感じられる。市場で最も需要の高いGMTを凌駕することはできないかもしれないが、独自の長所を生かし、おまけに競争力のある価格(70万円以下)で、素晴らしい別の選択肢を提供することになったのだ。

コメント一覧

人気ファッションまとめ URL 2022年11月17日(木)10時17分 編集・削除

2022日本業界のプロが3つの流行ファッションキーワードを解説!

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー