記事一覧

デザイン的にはイエローゴールドのヨットマスターは非常に魅力的だったため、会場でつけてみた私はちょっと残念だった。

ブラックの文字盤、大きな夜光プロット、そして日付窓のすべてが、均整のとれたタイムピースを形成するために機能しているのだ。もちろん、これは純粋に外見のアップデートであり、この時計は引き続きCal.3235を搭載している。

2022年 新作モデル ロレックス ヨットマスター 42 ウォッチ 22040602

モデルケース:オイスター、42 mm、イエローゴールド
オイスター アーキテクチャー:モノブロックミドルケース、スクリュー式バックケース、リューズ
直径:42 mm
素材:18 ct イエローゴールド
ムーブメント:パーペチュアル、機械式、自動巻

ブレスレット:オイスターフレックス
ダイアル:ブラック
18 CT イエローゴールドのオイスター パーペチュアル ヨットマスター 42は、ブラックダイアルとオイスターフレックスブレスレットを備える。

私はヨットマスターコレクション全体が、時計好きから過小評価されていると思う。しかし、こうしたものには価格という要素があることも理解している。イエローゴールドのモデルが税込で314万7100円というのは必ずしもお買い得とは言えないのだ。もちろん、40mmサイズのプラチナベゼルのスティールモデルもあるが、こちらはまったく別の時計のように感じられる。

この時計に対する私の考察は、ヨットマスターコレクションの理にかなった新顔というものだ。ホワイトゴールドのモデルよりも、このモデルの方を多く目にするのではないだろうか。なぜなら、WGは目立ちにくい金属だからだ。ゴールドを買うなら、誰かに見てもらいたいと思うだろう。このモデルは金無垢の時計にふさわしい重厚感がありながら、オイスターフレックスのクッションのようなつけ心地でバランスが取れている。スティール製のロレックススポーツウォッチが、中古市場でこのモデルと同じ価格帯で取引される時代だ。YGを購入し、保証書に自分の名前を記すことは、それほどおかしなことなのだろうか。


【関連記事】:2022日本最大のN級品専門店

コメント一覧

topkopi 大丈夫 URL 2022年04月21日(木)18時57分 編集・削除

スーパーコピー買ってみた必ず届くブランドコピーサイトランキング優良サイト!