記事一覧

ラドー トゥルー スクエア フォルマファンタズマ、ほとんど時を刻んでいない幽霊のような時計

スマートフォンの時代には、もはや時計は必要ないと言われている。このアバンギャルドなデザインは、私たちが時計を必要とする理由を考え

時計のデザインは、どうしても「足し算」が中心になってしまう。例えば、時計職人が複雑機構を追加する。2つでもいい、あるいは9つ。スーパーコピー時計また、青焼き針やポリッシュ仕上げのセンターリンク、もちろん夜光や回転ベゼルなども追加する。今、私の頭から離れないのは、「引き算」の時計だ。そのシンプルさのなかに、いくつかの深遠な問いかけがある。まず第一に、なぜ私は時計をつけるのか? そしてもっと実存的に、時計とは何かである?

 時間は平らな円だと言われる。このラドーの時計の場合、時間とはつぶされた正方形のことだ。

 セラミック時計のパイオニアとイタリア・オランダのデザインデュオのコラボレーションによるラドー トゥルー スクエア フォルマファンタズマのことを言っている。極めてシンプルなデザインで静かに挑発してくる。そして、これは2021年の私のお気に入りなのだ。

今年「最高」の(それが何であれ)時計とは言わない。黒の34mmのAP ロイヤル オークの方がセクシーだ。ローズゴールドのパテック カラトラバの方がエレガントである。一般的な基準で言えば、どちらもこの変わったラドーより優れているだろう。しかし、私は率直に言って、従来の基準にはうんざりしているのだ。私が時計を見るとき、今まで見たことのないものを見たい。もっと言えば、今まで感じたことのないものを感じたいのだ。

 ミンとマッセナがハニカム時計を作ったときは、注目した。あれは素晴らしかった。アーノルド&サンの古株たちが、素敵で珍しい大理石のムーンフェイズを発表したときでさえ、ちょっと胸が高鳴ったくらいだ。それはまったくクールではなかったにもかかわらず。まあいい。私は大人だし、何がクールかなんて気にしていない。ティーンエイジャーの頃は気にしていて、クールさは私にとってとても重要だった。しかし、振り返ってみると、大人になるということは(20代か30代だったかも。確実に遅かった)、大まかに言って自分のテイストをありのままに受け入れることだった。自分の特異な世界観を受け入れることができたとき、私はとても幸せになった。とにかく、最近は時計について考えることを仕事にしている。そして、ラドーのトゥルー スクエア フォルマファンタズマが私の頭から離れないことをここでお伝えする。

 フォルマファンタズマとは、「ゴーストの形」という意味で、この時計をよく表現している。また、この名前は、このデザインスタジオが素材に広く関心を持っていることを示唆している。共同設立者のシモーネ・ファレジン氏とアンドレア・トレマルキ氏は、企業の世界(レクサスやエルメスから依頼を受けたことがある)とアートの世界(ヴェネチア・ビエンナーレ、サーペンタイン・ギャラリー、ライクス美術館などに作品が展示されている)を行き来しているが、本機はそのどちらとも一線を画している。

【関連記事】:http://goodjima.top/

コメント一覧

アキラナカオ Eメール URL 2021年11月12日(金)17時40分 編集・削除

特別なスマホケースで毎日の生活に彩りを

良さも魅力 URL 2021年11月13日(土)15時21分 編集・削除

こだわった天然素材が醸し出す品の良さも魅力