記事一覧

脱“ギャルの聖地”渋谷109が令和に持っていくも

アップロードファイル 10-1.jpgアップロードファイル 10-2.jpg

渋谷109が、開業40周年を迎える4月29日に新ロゴの点灯式を行った。渋谷スクランブル交差点を見下ろし、シリンダー型の建物の先端にある渋谷109のロゴは、単なる商業施設のサインにとどまらず、世界でもよく知られた東京のアイコニックな風景の一つだった。開業以来初となるロゴ変更の理由を、渋谷109の運営会社SHIBUYA109エンタテイメントの木村知郎社長は「日本のマーケットは大きく変わった。渋谷109も変わらなければならない。ロゴの変更を機に、過去をリセットして、いま一度独自性と存在意義を再設定する必要がある」と語った。かつて”ギャルの聖地”と言われた渋谷109は平成に何を置いていき、令和にどう変わるのか。

 「ギャルはいま、渋谷にはいない。SNSの中にいる」――と言うのは、弱冠21歳(当時)で復刊したギャル雑誌「エッグ(egg)」の編集長に就任した赤荻瞳だ。彼女自身はかつて中学生時代から通っていた渋谷で、ギャルサー(ギャルサークル)に入って1000人単位のイベントを仕切っていたこともある。赤荻編集長が社長を務め、ウェブ版エッグを運営するエムアールエーの親会社エイチジェイの池田隼人代表もギャルサー出身だった。だがそのギャルサーも「かつては数え切れないほどあったけど、サークルも所属メンバーも激減している。昔は渋谷のセンター街に行けば誰かがいて、ギャルサーもあって、どんどんギャルの友だちが増えていった。でも今はインスタやTikTokでつながる時代」と指摘する。昔と言ってもわずか5〜6年前の話だが、それほどまでに激しく変わったとも言える。赤荻編集長は「一口にギャルと言ってもバリエーションはさまざま。だから私的にはギャルは外見じゃない。“自由とオシャレを求める魂”って定義している」。

脱“ギャルの聖地” 渋谷109が令和に持っていくもの(853630) | WWD JAPAN
 渋谷109も、10年前の2008年度に280億円(WWDジャパン推定)あった売上高は、18年度には140億円程(同)と、約半分にまで落ち込んでいた。木村社長も「昔を振り返るつもりはない。ヤングファッションの聖地と言われ40年間発展してきたが、最近は独自性が失われ、売り上げも落ちていた」と率直に認める。ギャルが渋谷の街から減り続ける中で、渋谷109もテナント構成を見直し、オムニ型のポップアップスペースの導入や飲食などを導入してきたが、“ギャルの聖地”というイメージは社内外に強く、なかなか脱却できなかった。

 木村社長は2年以上前から、開業40周年の19年4月29日をゴールと定め、ロゴ変更の準備を進めてきた。マーケティング機関「シブヤイチマルキューラボ(SHIBUYA109 lab)」を設立し、若者たちの生態を探った。「今は好きなブランドは?と聞いても『ありません』と答える若者が多い。その一方で好きなこと、楽しいことにはとことんお金を使う。いま商業施設に求められているのは、何を売っているかではない。行くこと自体にワクワクドキドキして、その体験や感動を共有できる場所」という仮説に行き着いた。昨年4月には旧マルキューメンズ館を“シブヤ系”を謳った飲食やエンターテインメント系のテナントを多数導入した「マグネット」としてリニューアル。体験型シフトへの手応えを掴んだ。

 日本有数の知名度を持つ渋谷109のロゴならば多くのグラフィックデザイナーが手を挙げることも予想できたが、あえて一般公募制を取った。渋谷109の重要なキーコンセプトに“参加型、共有型”を掲げているからだ。「われわれが目指すのは、エクスペリエンス(体験)、アメージング(驚き)、ドリーミング(夢)の3つをテーマにした、新しいエンターテインメントリテールだ」。

 ロゴのリニューアルを機に、ファッションに加え、フードやスイーツ、カフェなどの運営に乗り出す。6月には地下2階に「イマダキッチン」を開設し、複数の企業と一緒に商品開発し、実際に販売も行う予定だ。「若者たち、彼女・彼らの夢や感動が交差する新しいエンターテイメントプラットフォームにする。109は新ロゴとともにリ・ボーン(生まれ変わる)する。新ロゴは文字通り始まりのサインにしたい」。

 奇しくも開業40周年のためのロゴリニューアルと、平成と令和という年号の入れ替わりが交わった。渋谷109は、再び令和を彩る若者の聖地へと生まれ変われるか。

「サルヴァトーレ フェラガモ」が阪急うめだ本店でポップアップ 最新コレクションアイテムを展開

アップロードファイル 9-1.jpgアップロードファイル 9-2.jpgアップロードファイル 9-3.jpgアップロードファイル 9-4.jpg

「サルヴァトーレ フェラガモ(SALVATORE FERRAGAMO)」が、ブランドを代表するリボンのモチーフをあしらったシューズを集めたポップアップストアを大阪・阪急うめだ本店で12月31日まで開催している。ポール・アンドリュー(Paul Andrew)=クリエイティブ・ディレクターが再解釈し手掛けたシューズライン“ヴァラ(VARA)”や“ヴァリナ(VARINA)”の最新コレクションアイテムもそろう。ショートブーツタイプのヒールシューズや、スタッズをあしらったバレエシューズなどバリエーションに富んだラインアップを用意する。

 また「サルヴァトーレ フェラガモ」各店舗では、ホリデーに向けたプロモーションを展開中だ。ブランドのアイコニックなレインボーウエッジサンダルの誕生80周年を記念したカラフルなアクセサリーコレクションを展開する他、1990年代初期のアーカイブからインスピレーションを得たパターンプリントが特徴のシューズやバッグを販売している。

 また12月22~24日の3日間、銀座本店と六本木ヒルズ店、大阪うめだ本店では、フェラガモ一家がイタリアに所有するワイナリーで造られた “イル・ボッロ(IL BORRO)”のスパークリングワインを提供する。

ファッションピープル発トレンドコーデ

アップロードファイル 8-1.jpgアップロードファイル 8-2.jpgアップロードファイル 8-3.jpgアップロードファイル 8-4.png

第一線で活躍しているファッショニスタがこの秋イチオシするトレンドコーデをキャッチ。説得力のあるテクニックを取り入れてみて。

抜け感とダルさ、そして女性らしい肌見せ
「アメリカのitモデル“アリ・マイケル”のプライベートルックが最高に可愛い。肌をちょっと見せて、ハイウエストデニムにケータイを挟むみたいな雑なセクシーさが、今のナイロニスタの象徴的なスタイルになるのでは」
ニット¥6,970(SLY/バロックジャパンリミテッド)、ボトム¥10,500 ※tax in(American Apparel/アメリカンアパレル カスタマーサービス)、ピアス¥1,290(WEGO/ウィゴー)、バッグ¥6,450(Bershka/ベルシュカ・ジャパン カスタマーサービス)、ブーツ¥42,000(F-TROUPE/オープニングセレモニー)、その他 本人私物

ビッグシルエットのメンズウェアが鍵
「90sのラグジュアリーなストリートスタイルがテーマ。オーバーサイズのメンズウェアでノージェンダーに仕上げました。単調になりやすいビッグシルエットは、レイヤードしたインナーの袖をまくることで抜け感が出ます」
ジャケット¥176,000、ボーダーロングTシャツ¥40,000、タートルロングTシャツ¥56,000(全てOFF-WHITE % VIRGIL ABLOH/イーストランド)、ネックレス¥15,500、ブレスレット¥21,800(共にAMBUSH®/アンブッシュ®)、ピアス¥12,000 (G.V.G.V/ケイスリー オフィス)、リング(4個セット)¥13,000(Bijou R.I/オープニングセレモニー)、ブーツ¥57,000(DIESEL/ディーゼル ジャパン)

ロングコートが主役のマニッシュガール 「トレンドのロングコートは秋らしいバーガンディをチョイスして、インナーで個性を表現しました。黒のワントーンでまとめることでマニッシュな空気感が出せます。メイクは赤リップで女性らしくするのがポイント」
コート¥26,000、ソックス¥2,000(共に87mm)、トップス¥3,050、ベレー帽¥2,500、シューズ¥6,800(全てANNAHL)、パンツ¥8,500(EGOIST/全てアンナフル)

トレンドのざっくりシルエットでこなれ感を
「ざっくりとしたシルエットに注目しています。キャミ×アウターの組み合わせは秋でしか楽しめないので今季イチオシ。カジュアルな雰囲気を出しつつ、エッジィなアイテムを合わせた甘辛ミックススタイルです」 ブルゾン¥32,500、ワンピース¥19,500、ブーツ¥36,500(全てUNIF)、ネックレス¥39,000(KTZ/全てキャンディー)

クリーンに着る、都会的ミリタリールック
「素材やカラーで遊び心を入れつつ、品良くまとめた都会的ストリートスタイル。ロングコートとワイドパンツで今年らしいオーバーシルエットを作り、足もとにメタリックを合わせトレンド感を取り入れました」
コート¥38,800(STUDIOUS TOKYO)、ニット¥42,000(MIHARA YASUHIRO)、パンツ¥14,500(STUDIOUS)、バッグ¥29,000(MAIZON EUREKA)、サンダル¥47,000(TOGA/全てステュディオス ウィメンズ渋谷店)

ファッション通信簿Vol.14 “水泳キャップ”や“こじらせた中年”など痛烈ワードで米「WWD」がセレブをぶった切る

アップロードファイル 7-1.jpgアップロードファイル 7-2.jpgアップロードファイル 7-3.jpgアップロードファイル 7-4.jpgアップロードファイル 7-5.jpg

人気企画「ファッション通信簿」では、ストリートからパーティー、レッドカーペットまで、海外セレブたちのファッションを厳しくチェック。A+、A、A-、B+、B、B-、C+、C、C-、D+、D、D-、そしてFAIL(失格)の13段階評価で格付けし、それぞれのファッションポイントを勝手に辛口ジャッジしちゃいます!

第14回は、11月26日にニューヨークで開催された「ゴッサム・インディペンデント映画賞(Gotham Independent Film Awards以下、ゴッサム・アワード)」のレッドカーペットや、世界各地で行われた映画プレミアなどから、ジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)、ガル・ガゴット(Gal Gadot)、レイチェル・ワイズ(Rachel Weisz)、アンバー・ハード(Amber Heard)、ジェイソン・モモア(Jason Momoa)、アダム・ドライバー(Adam Driver)、イーサン・ホーク(Ethan Hawke)、マイケル・B・ジョーダン(Michael B Jordan)の8人が登場。話題の映画「アクアマン」主演の2人に、恒例の痛烈ワードが襲いかかります!

ピッチョーリの「しょうがない」投稿が気になる

アップロードファイル 4-1.jpg

いずれビッグニュースに繋がるかもしれない?SNSで話題の小ネタからゴシップまで、注目のトピックをピックアップ。今週は東京で2つのビッグメゾンのショーが行われ、都内にセレブリティが集結しています。11月23日から11月29日まで、今週の「木曜日の海外ニュース掲示板」。
ネットフリックス(Netflix)で10月末に配信がスタートした新トーク番組「ハサン・ミンハジ: 愛国者として物申す」。サウジ記者殺害事件などタイムリーな社会ネタを人気コメディアンのハサン・ミンハジ(Hasan Minhaj)がユーモラスな語り口で検証していく毎週日曜配信の番組で、11月18日に配信された回は「シュプリーム(Supreme)」がテーマ。ストリートで人気を集めるようになった背景から、創業者ジェームス・ジェビア(James Jebbia)の意外な過去、そして昨年シュプリームが一部の株式を売却した投資ファンドについて解説し、"攻めた"番組内容が海外で話題に。日本語字幕付きで視聴可能なのでチェックしてみては。
妻のキム・カーダシアン(Kim Kardashian)と共に来日中のカニエ・ウェスト(Kanye West)。金曜開催の「ディオール(DIOR)」ショー観覧のため?と言われていますが、今日は多摩美術大学の八王子キャンパスに出没した模様。過去に建築を学んでいたカニエは、伊東豊雄が手掛けた同大学の図書館が見たかったんだとか。東京で大学訪問とは、いつもながらカニエの行動は予測不可能ですね。
「ヴァレンティノ(VALENTINO)」が今週火曜日、東京で2019年プレフォールコレクションを発表。クリエイティブディレクターのピエール パオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)も来日しました。ピッチョーリのインスタでもショーや東京観光を楽しむ様子が公開されましたが、なかでも気になったのは「SHOGANAI - しょうがない」というキャプションがついた投稿。「The ability to accept the fate.(=運命を受け入れる力)」と"しょうがない"の意味も解説しており、この言葉がピッチョーリの感性に刺さったのでしょうか。このほかヴァレンティノの東京でのショーに関する詳細はこちらから。

東京に世界のファッショニスタ集まる
 今週は火曜日に「ヴァレンティノ」、金曜日に「ディオール」がそれぞれ2019年プレフォールコレクションを東京で発表。コレクションを手掛けるピッチョーリとキム・ジョーンズはもちろん、「ヴァレンティノ」のモデルを務めたカイア・ガーバー(Kaia Gerber)、「ディオール」ショー常連のベラ・ハディッド(Bella Hadid)やエイサップロッキー(A$AP Rocky)、キム&カニエ夫妻、プシャ・T(Pusha T)などブランドとゆかりあるセレブリティが多く来日。インスタでおなじみの「ダイエットプラダ」もヴァレンティノのショーに出席していました。東京を歩いていたらばったり誰かに遭遇するかも!?
「エトロ(ETRO)」メンズウェアのクリエイティブディレクターを務めるキーン・エトロ(Kean Etro)がインスタグラムアカウントをスタート。初投稿は4日前と開設したばかり。プロフィール部分には「ストーリーテリングの時代」という言葉もあり、今後インスタを通してどのような世界を見せてくれるのか投稿に期待です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ